語りっ子連 2012・9・23(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。

 させ稽古、心童(しんどう)肥後語[おはぎ大好き]。
   他国の人に方言で語りかけるテクニックとして、ゆっくり、はっきり、大きく発するがある。
   
 読ませ稽古、羽夢一(はむいち)[天災]。
   乱暴者の江戸っ子の口調を意識しすぎると、噺全体がザラザラしてくる。
   首を振る意識をなくして、目を使って上下を付けられるとグーンとよくなる。

 させ稽古、小音澄(こねずみ)[厩火事]。
   吹っ切れたように女房を表現出来るようになった。

 させ稽古、文具(ぶんぐ)[湯屋番]。
   長いこの噺を短縮して発表会に臨む。口調がきれいになってきた。

 させ稽古、一声(ひとこえ)[町内の若い衆]。
   しっかりした口調なので、どんどん次の噺に挑戦も出来るだろう。

 させ稽古、真直(まっつぐ)[真田小僧]。
   前回より濃厚なものを口演したのには驚異。
 
 させ稽古、小まど(こまど)[子褒め]。
   体も大きくなってきたし、芸も大きくなってきた。
  
 見学者が二人。声のしっかりしていそうな男と女。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック