手拭いっ子連 2012・6・28(木)広場亭の稽古日

 手拭いっ子連・広場亭の稽古日。

 学矢(がくや)へ[子褒め]を収録。
   稽古一席目の[洒落番頭]があたしの予想以上の出来で上がったので、
  今日、二席目の[子褒め]をいれる。この先、楽しみ。
  
 させ稽古、望木(のぞき)[転失気]。
   児童の前で演れる機会があるので、それに合った噺を、ということでこの噺の稽古に入る。
   完璧に演ろうと思わないで、稽古にかかるのも一つの方法。
   
 学女(がくじょ)へ[道灌]を読み収録。
   彼女の誕生日に亭主から録音機器を祝ってもらったという、その機器に収録。

 限無(げむ)へ[一目上がり]を読み収録。
   「悟りの悟」の掛軸のある所を医師の家と設定していたが、今日、限無(げむ)に
  収録する機会に設定を寺に直した。

 させ稽古、説人(せっと)[十徳]。
  覚えこんでいるので、これからだ。
  ついでに、説人(せっと)へ[釜泥]を収録。

読ませ稽古、ゆる里(ゆるり)[ひらばやし]。
所々、高座本から目を離せるようになっているので、繰り返しで出来るようになるだろう。
大きな声も出るはずです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック