高座本 2012・5・1(水)早千(はやち)さんからも

 早千(はやち)より、感想メール。

++++++++++++++++
 圓窓師匠 高座本送って頂きました!
 [お菊の皿][押絵になった男][セロ弾きのゴーシュ][饅頭怖い]。
 …いや~読みごたえありました!!

[お菊の皿]
 …前段のお菊が殺される場面の凄惨さ、後半の滑稽さ…まさに緊張と緩和…
なんと難しそうな噺をやってみたいと申し上げたのか…と遅まきながら、ゾ~っとしました。
 でも、人気が出てからのお菊さんは明るくて、幽霊のくせに生き生きしていて(笑)大好きです。
 9月に向けて頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

[押絵になった男]
 …セピアの霧がずーっとかかっているような、不思議な世界。
 乱歩好きとはいえ、何十年も前に読んだ一編ゆえ、自分の記憶がかってに
別ストーリーを編纂していて、私は「押絵と旅する男」とずーっと思い込んでいました。(笑)
 幻想的な結末かつ、ハッピーエンド(?)なのが、味わい深く、余韻があります。
 お母さんの浮き世ばなれした感じがうまく出せたら、いいのでしょうね!
 恋に憑かれた青年をいつか演じてみたいです…難しそうだけど…いつかやってみたいです!

[セロ弾きのゴーシュ]
 …この話は大好きで、友だちの芝居でも見て、師匠の御本を読んで、
私もやりたい!!とまた夢が増えました。
 (私はとくにカッコウの件が好きで、原作でゴーシュが「カッコウには可哀そうなことを
したなぁ」という場面はしびれるほど好きです。)
 師匠の御本には美空ひばりも出てきて、歌好きにはたまらないですね!
 この大作…5年計画くらいで、取り組ませていただけたら…。

[饅頭怖い]
 …やはり文句なしの傑作です。
 覚えたいです!!
 そして、この噺の登場人物を女子に置き換えて「饅頭こわいの」というアレンジ編を
いつか作ってみたいです(笑)

 師匠、いつでも結構ですので、[時蕎麦][「浦島老人]も読ませて頂きたいです。
 どうぞよろしくお願いいたします!! 早千より
                     ++++++++++++++++++++++++++++

 四冊一遍に読むと疲れるでしょうね、、、。
                                    圓窓

この記事へのコメント

夕立屋の定吉
2012年05月02日 07:50
疲れませんよ、師匠~!
むしろ、癒し、です。
圓窓
2012年05月02日 14:17
定吉さんへ。

>> 疲れませんよ、師匠~! むしろ、癒し、です。

 癒しラーメン、、、。
 駄洒落、、、。

この記事へのトラックバック