語りっ子連 2012・4・29(日)紅巣亭の稽古日。

語りっ子連 2012・4・29(日)紅巣亭の稽古日。

 読ませ稽古、文具(ぶんぐ)[湯屋版]。
 出だしの3分の1辺りまでは、単調な展開なので、それを承知しながら演るとよい。
 力むことはしないで、、、。

 読ませ稽古、真直(まっつぐ)[寿限無]。
 素直に読んでいるのだが、そのままで落語口調になっている。
 声もしっかりとしているし、この先、本を放したときが楽しみだ。

 読ませ稽古、小まど(こまど)[ぞろぞろ]。
 細かいしぐさを付けるように指導。

 させ稽古、笑林(えみりん)英語で[町内の若い衆]。
 下手にいる者が上手にいる者と話をしている場面。
 下手にいる者が「裏でトントンと音がしてますね」と言って、自分の後ろを振り返るのは間違い。
 裏は上手の向こうでなくてはいけない。この点を指導。
 
 見学者あり。Iさん。石部さん。某音大の声楽科。
 芸名を吾里吾としよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック