高座本 2012・3・24(土)[石一つ]

 柏崎への往復車中。

 高座本[石一つ]の校正と推敲。

 ここんところ、東野圭吾のミステリーを読み漁っているせいか、落語は
ミステリー性に乏しいなぁ、とひしひし感じてならない、、。
 気がついてみると、顕道怪談の噺化の作業として取り上げた、「白鷺の東庵」。
 これを創作中なのだが、推敲を重ねていくと、ミステリーになりそうなのだ。

 聞き手に、あれ? なぜ? どうして? と思わせる展開にしてみている。
 
 越後から帰宅後、その作業の相談相手の羽織っ子連の長矢(ながや)さんに、
第1校を添付メールで送る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック