落語っ子連 2011・10・30(日)

 落語っ子連・三流亭の稽古日。

 させ稽古、流三(りゅうざ)[薮入り]。
 小生の工夫した落ちを演ってみるというので楽しみ。
 [薮入り]の高座本を渡す。
 あ、忘れたいた。先日、感想を書いてくれた高座本[救いの腕]を彼に
贈呈しなくては。
 彼に「淑徳のテキスト、欲しい」と言われ、嬉しかった。

 読ませ稽古、まど深(まどみ)[猫の茶碗]。
 対話部分の問い掛けと、独り言とを巧く仕分けることが出来てきた。

 させ稽古、まど絵(まどえ)[火事息子]。
 少しずつ形になってきたので、こっちからの注文もレベルを上げることにした。
 「会話を演ずるということに慣れるといいのだが、、」と。
 彼女から乾燥椎茸を貰う。帰宅して早速、ミルサーで粉末に。
 圓窓スープに混入して飲む。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック