噺っ子連 2011・11・17(木)有難亭の稽古日

 語りっ子連のけいこから、帰宅して

 噺っ子連・有難亭の稽古へ。
 全員、させ稽古。

 長塀(ちょうべい)[釜泥]。次の噺に入ろうと言うと、「あと一回、この噺の
稽古を」と至って謙虚。とてもよし。
 彫太[釜泥]。前回よりよい。少し安定した。
 梅八[豆屋]。流れを掴んでいるからよし。
 真仮名[おはぎ大好き]。メールで「稽古で、師匠に実演を願いたい」と言って
きたが、上出来映えだったので、あたしの出番はなし。
 梅朝[子別れ・下]。癖もほぼなくなり品が出てきた。
 里々[寿限無]。かみさんの語調が強すぎる。夫婦の温かさを出そう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック