落語っ子連 2011・10・16(日)三流亭の稽古日。

 落語っ子連・三流亭の稽古日。

 させ稽古、流三(りゅうざ)[藪入り]。
 後日、東北大落研OB落語会で口演するという。
 この噺に関しての雑談で、「あたしは鼠退治、鼠の懸賞をやめて、財布は
拾ったことにした」と新工夫で口演していたことを伝える。
 また、先日、扇子っ子連の発表会で口演した[救いの腕]についての所感を
聞く事が有意義であった。
 近々、高座本の考察集に載せられそう。タイトルを、流三の「落語徘徊師」。

 させ稽古、窓口(まどぐち)[明烏]。
 両親に笑顔が浮ぶようになった。とてもいい。

 今日は、大作に取り組む二人だけだったが、頼もしさを感じた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック