扇子っ子連 2011・9・13(火) 千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。

 指南所ノートを作って、記入し始める。

 軽太(かるた)[道具屋]。しっかりとした口調を心掛けよう。与太郎はよし。
 三十一(みそひと)[転失気]。膝に置く手に硬さが目立つ。
 屏風(びょうぶ)[三方一両損]。喧嘩の顛末の説明が何度もあり、
客席の聞き手は辛い。
 和歌女(わかめ)[おはぎ大好き]。マクラはしっかりした口調でよし。本題に
入って声が小さくなるのはいけない。
 百人(ももと)[死神]。「この噺の主人公は女の手も握ったことのない男で、
ちょうど、若いときのあたしのようで」と言う。じゃぁ、百人(ももと)さんは
今は盛んに握っているらしい。

 10月2日の発表会の出番順を阿弥陀籤で決める。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック