寄席 2011・6・17(土)圓生(6)の色紙

 楽屋で漫才のうたじさんに見せてもらった。

 「友人の所有している色紙なんですが、、、、。圓生(6)師匠の名でこんな
字と絵が書いてあるんですが、本物かどうか鑑定をしてください」と。

 あたしは、じっと見た。
 あたしは見たことのない歌と落款だったが、手は確かに圓生(6)のものである。
 どうやら、晩年のものではなさそう。

 実に丁寧に書いてある。
 〔我か庵はみやこの戌亥志家そ住む予を噺家と人は以うなり 六代 三遊亭圓生〕

 丸みを帯びた富士の山頂が描かれている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック