落語っ子連 2011・6・5(日)三流亭ん組 稽古日

 落語っ子連・三流亭の稽古日。

 読ませ稽古、まど深[猫の皿]。
 仕事が大変なのだろう。痩せて見えた。
 この噺、登場人物の両者が欲を満たすための駆け引きが聞き所。
 後味に悪さは残したくない、と思っている。
 きれいに仕上げるだろう。

 読み稽古、びす太[道具屋]。
 与太郎が伯父の家を出るまでを収録。

 まど女、青い顔をして顔出し。
 疲労気味のようだ。気を付けないと、、。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック