扇子っ子連 2011・3・13(日) こういう状況下に思う

 災害、被害、台風、交通機関ストップ。
 こんな最中でも噺家は、「行かねばならぬ」という本能が働く。
 それは、こういう状況下でも足を運んでくださる方々が必ずいるからだ。
 だから、主催者が中止を発表するまでは、足はひたすら会場に向く。
 
 こういう状況下では誰しもが、不安になり「行きたくない」と思う。
 例え、行きたくとも交通がストップすれば諦めるより仕方がない。
 
 客席の頭数は多くを望めない。
 出演者にとって、客席の頭数うんぬんより、大事なことがある。

 こんなひどい状況下でも「聞きたい、見たい」で会場まで足を運んでくださる
お客が必ずいるということだ。
 出演する側だって、「行きたくないよ、こんな日に」と愚痴めいた言葉が頭によぎることはある。

 しかし、こういう状況下にいらっしゃる人のことを考えれば、噺家冥利に尽きるというものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック