落語っ子連 8月10日(日) [茗荷宿]

 落語っ子連。

 次回の発表会の無弦の出し物用に[茗荷宿]。
 原稿を読んで録音す。

 終って、蕎麦屋、岳人。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

流三
2008年08月16日 01:24
茗荷宿という噺は初めて聴かせていただきました。
師匠(プロの噺家さん)の高座本(ネタ帳?)の実物を拝見するのも初めてでした。
コクヨのノートでしたね。
圓窓
2008年08月16日 02:13
流三さんへ。

>> 茗荷宿という噺は初めて聴かせていただきました。師匠(プロの噺家さん)の高座本(ネタ帳?)の実物を拝見するのも初めてでした。

 「高座本」という語はあたしの造語です。
 義太夫が床本、長唄が唄本、芝居が台本などというので、高座で演れるように編集したものを高座本と名付けました。

>> コクヨのノートでしたね。

 前座の頃は、チラシを綴じて、その裏を使ってました、、、。

この記事へのトラックバック