一日一句 8月9日(土) かじかみて

 噺の[青菜]に登場する料理。

9日
  かじかみて寒さう鯉の洗いかな

     あまり好きじゃぁない。魚はなんと言っても、鯵と秋刀魚に限る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

流三
2008年08月14日 12:21
「青菜」を聴いていつも思うのですが、鯉の洗いの下の氷、江戸や明治の時代でもあったのでしょうか・・・?
製氷機、冷凍庫などのない時代に、良く冷えた氷が、手軽に入手できたのでしょうか・・・。
東大落語会「落語事典」によれば、原話は安永7(j778)年板「当世話」にありとのことですから、平賀源内のころです・・。
少し、アカデミックな気分になりました。

圓窓
2008年08月14日 23:47
流三さんへ。

>>「青菜」を聴いていつも思うのですが、鯉の洗いの下の氷、江戸や明治の時代でもあったのでしょうか・・・?

 氷はあったでしょうね。
 古典落語といっても、侍が出てこなければ、時代背景をどんどん新しくしてます。
製氷機、冷凍庫などのない時代に、良く冷えた氷が、手軽に入手できたのでしょうか・・・。
東大落語会「落語事典」によれば、原話は安永7(j778)年板「当世話」にありとのことですから、平賀源内のころです・・。
少し、アカデミックな気分になりました。

流三

この記事へのトラックバック