コラボ 3月30日 公演

 コラボ、いよいよ本番。名古屋のしらかわホール。

 朝10時、一宮のホテルの東横インへ川松夫妻の迎えがあって、車で
名古屋のしらかわホールに。

 10:30よりリハーサル。700席以上はあるだろういい音楽ホールだ。

 高座本を載せる台に目を伏せると顔に影ができるらしい。
 台を高くしてもらって、顔があがるようにした。

 いよいよ、本番。
 主人公の甚五郎の台詞の中で「情けは人のためならず」のところ。
 メロデーが頭に浮んで思わす、涙。ちょっと絶句してしまった。

 終わって、ステージの中央に立って挨拶。ついに、号泣。
 袖に入ったとき、中川さんと抱き合う。

 打ち上げで新実さんに因んだ小咄を披露。
「自然界にも歌がある。蝉の声にも。新―実―蝉」と。

 聞きに駆けつけてくださった方々。
 富士コーヒーの塩沢社長、近藤さん。長年にわたり、圓窓五百噺の会を
手伝ってくれた大島夫妻、池田夫人、友人。高山から林さん。牧さん。
アイコーの鈴木さん。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック