コラボ 4月5日 「叩き蟹」

 NHK東京児童合唱団の演奏会へ。

 一宮市のフォーラム21が「叩き蟹」を引っさげて行くので、当然、あたしも
出演する。
 30日に名古屋で公演したもの。

 朝9時会場の杉並公会堂大ホールへ車で行く。
 1500人は入るだろう大きな会場。名古屋のしらかわホールは700席だった
から倍はある。
 日頃、児童に接している窓門会の4人さんを招待したので、張り合いも出る。

 N児の出演は200人近くいたのかな。
 それにフォーラム21が加わったから大人数。
 コーラスはさすがN児。言葉の一つ一つがちゃんと意味をとらえて伝わってくる。
 大したものだ。
 そのN児の指揮者の加藤洋朗さんに指導を受けているフォーラム21だから、
しっかりした歌唱力も当然かもしれない。

 [叩き蟹]もよかった、の反応をもらったようだ。
 ロビーである高齢者が「聞きにきてよかったです。勉強になりました」と。
 聞きにきた目的はあたしじゃぁ、ないんだろうが、そう言われると嬉しい。

この記事へのコメント

与太子
2008年04月06日 18:34
想像を遥かに超えるすばらしさでした。
以前、師匠の語りだけでも感動が込み上げて来て身体中を駆け巡ったのですが、合唱や12弦琴やマリンバの音色、なんともやわらかな音色が加わったことで、まさに癒しの空間が出現。この噺の主題”情けは人のためならず。その優しさガ自分にみんな帰ってくるのだよ”というまさにその優しさに包まれたのでありました。
音楽も落語も形の残らない瞬間芸なので、もう一度聴けないのはよくわかっていても、何度もいつでもあのやさしさの中に佇んでいたいと思ってしまうのです。
師匠!再びこのコラボが実現するならわたしゃ北海道でも、沖縄でも、苦手な飛行機もなんのその。師匠のかばん持ちいたしまするぞ!乗物酔いでかえってお荷物になる危険はなきにしもあらずではありますが……。


 
圓窓
2008年04月06日 19:31
与太子さんへ。

>> 師匠!再びこのコラボが実現するならわたしゃ北海道でも、沖縄でも、苦手な飛行機もなんのその。師匠のかばん持ちいたしまするぞ!

  今年10月12日、一宮市のライオンズクラブが再演公演を実現させてくれることになってます。
  合唱団は一宮市の子たちなんですが、今まで地元で発表会はしたことなかったんです。
  いい音楽会場がなかったため。発表会は隣の名古屋市でやってました。
  招待券を貰って、30日の名古屋のしらかわホールへコラボ叩き蟹を鑑賞にきたライオンズの面々が感動して、「わが市で是非ともやってほしい」と言ってきたそうです。
 認められたようなもんですね、、嬉しいじゃぁありませんか、、、。

>> 乗物酔いでかえってお荷物になる危険はなきにしもあらずではありますが……。

  乗り物酔いは大歓迎です、、、。
  面倒をみますので、、、、(笑)
                  圓窓
窓蕗
2008年04月06日 22:06
昨日は御疲れ様でした&有難うございました。師匠のお噺しと合唱のコラボレーション素晴らしかったです。お噺しの内容も心に沁みました。「無名有魂」...心掛けます。

10月12日の一の宮は私も参上させて頂きますぅ!
圓窓
2008年04月06日 23:26
窓蕗さんへ。

>> 師匠のお噺しと合唱のコラボレーション素晴らしかったです。お噺しの内容も心に沁みました。「無名有魂」...心掛けます。

 うん。それでいこう、、、。

>> 10月12日の一の宮は私も参上させて頂きますぅ!

 ウワォー(笑)
 是非とも、、、。
                圓窓

この記事へのトラックバック