落語の授業 1月23日 みはらしの丘小学校

 教育出版からの依頼で山形市のみはらしの丘小学校へ落語の授業。

 山形駅への迎えは社の上田さん。板蕎麦で有名な蕎麦屋へ連れて
行ってもらう。

 この授業の件、最初は教師への講演ということだったが、「教師に落語の
授業の現場を見て欲しい」というあたしの懇願が実を結んで、教師の国語・
図書などの研究会がこの学校の落語の授業の参観となった。

 四年生16人。参観の教師が70人。
 テレビ、ラジオの報道が3組。
 異様な雰囲気の中で授業は始まったが、子たちはそれに影響をされず、
明るく真面目に受けてくれて時間も超過して90分。

 終って、先生方と懇談をする。
 「あたしも落語を演ってみたい」という教師が二人でてきた。頼もしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック