今日の出来事 12月10日 町内の郵便局で一悶着

 窓口で振替通帳から60万円ほどを下そうとしたときのこと。

 「10月から50万円以上は本人であることの証明が必要になります」と言う。
 「ああ、銀行でもやっていたな」と思ったが、あいにくなにもない。
 ちょうど手許にあった他のあたし名義の郵便通帳を出したが、「駄目です」。
 「おい、この郵便局で発行した通帳だぞ」と腹の中で毒づいて、我慢して、
無言のまま、芸名の名刺が束になって財布に入っていたので、出すと、
「名刺は何枚あっても駄目です」と、冷やかに言やがる。

 この郵便局の局長とは路上で会えば挨拶を交わしているし、落語会にも
来てもらっている。局長がいればなんとか助けてくれるかと、奥を見渡したが
不在。他の局員は全員が知らん振り。
 男は勝ち誇ったように「一般的には健康保険証か自動車の免許書があれば」と、
慇懃無礼的な口調。
 ぐっと堪えながら「役に立たないのなら、解約するから」と言うと、
 「解約するにも本人であることの証明が必要です」ときた。

 仕方ない、帰宅して、本名の記してあるものを集めて局へ。
 窓口に並び、番号を呼ばれたので、最前出した振替通帳をまた出した。
 と、同じく「10月から50万円以上は本人であることの証明が必要になり
ます」とまた慇懃無礼的な口調。
 黙ってカードを出すと、「診察カードは駄目です」と。
 他のを出す。「これも診察カードです」。
 出す。「図書館のカードでは駄目です」。
 最後に有効期限の切れいている健康保険証を。これを見て「これは……、
古いので」と言いながらあたしの手許の正規のを見て、「その色のです」と言う。
 そうはいかないとばかりに、免許証を出すと。「これです」。
 正規の健康保険証も重ねておくと、「もういいです」だって。

 やっと下せたが、しかし、健康保険証や自動車の免許書のない人はどう
やって本人であることを証明するのだろうか。
 小泉さんか専門家に聞いてみたい。
 
 「本人を呼んでくるから」と言っても[粗忽長屋]のその洒落は通じないであろうし。
                                         圓窓

   やっと下せたが、しかし、健康保険証や自動車の免許書のない人はどうやって本人であることを証明するのだろうか。小泉さんか専門家に聞いてみたい。
  「本人を呼んでくるから」と言っても[粗忽長屋]のその洒落は通じないであろうし、、、、。

この記事へのコメント

でぇしょやの弥助
2007年12月21日 15:33
何もない人のためには、
住民カードというのがあります。
(正式には、住民基本台帳カード)

市役所等で発行して、10年有効です。
(写真付で、自動車免許みたいな感じです)

あと、お金おろすときなんですが、
60万円いっぺんにではなく、
30万円ずつ、2回窓口に並べばよかったかもです(笑)。
圓窓
2007年12月22日 02:43
弥助さんへ。

>> 何もない人のためには、住民カードというのがあります。(正式には、住民基本台帳カード)

 下すたびに それを取りにいくのかなぁぁぁ

>> あと、お金おろすときなんですが、
60万円いっぺんにではなく、
30万円ずつ、2回窓口に並べばよかったかもです(笑)。

 それも考えたんですが、「細工している」と思われそうで、、、、、気が弱いもんで(笑)
                 圓窓

この記事へのトラックバック