今日の出来事 9月6日 義父の見舞い

 帰宅して、女房を車に乗せて病院へ。

 ふと思う。
 お年寄りがよく言う。
「子どもたちに迷惑をかけないように、自分の葬式代くらいは残していく……」と。
 遺族として見栄を張らなければ、葬式代は安く抑えられるだろう、、、。
 しかし、介護費、入院費、治療費は容赦なく襲い掛かってくる。
 だから、歳をとったら、前者より後者を残しておかなければならないだろう。
 長生きすればそれなりに、考えなければならないところが出てくる。

 車中、そんなことを話しながら病院へ。

 あたしも女房も高齢者、、、、になってしまった。
 圓生(6)のように、介護費、入院費、治療費をかけず、葬式代だけですむような
死に方が遺族にとっていいということになる。
 だが、一般的に死に方は選べない……。

 今、あたしのできることは、尊く義父を見守ること、、、、、。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック