圓窓の年月日輪

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の出来事 2017・7・24(日)圓窓喜寿の会あと 晴れ 70キロ

<<   作成日時 : 2017/07/29 01:47   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日の喜寿の会の

 礼メールを各連に送ったら、先方からもメールがあった。
 主催した洒落っ子連・千川亭の八百紙(やおがみ)さんからのものを記しておこう。

 「圓窓師匠、昨日は、喜寿の会お疲れ様でした。(略) 昨日私は、洒落っ子連
千川亭のメンバーであることを誇りに思いました。
 自画自賛するようですが・・・、それぞれのメンバーがそれぞれの役割を責任を
持って行い、気配りと心配りを忘れず精一杯やったと思います。
 ・・・というか、自画自賛したいですww(略)
 もちろん喜寿の会成功は、メンバーだけの力ではありません。
 まみすけさんの名札。2回のお色直し。子どもたちの小噺。一門のなぞかけ。
寄席踊り。じゃんけん大会。高座本のプレゼント。
 師匠のお客様を喜ばす数々のアイディアと姿勢は、とても勉強になりました。
 大変、ありがとうございました。私自身、参加して楽しかったです。
 いい思い出になります。
                              千川亭八百紙」

 ありがとう、八百紙(やおがみ)さん。 
 「メンバーであることを誇りに思いました」なんて、嬉しいことを言ってくれますね、
重ねて、ありがとう。
 あたしがグループを「連」と名付けた甲斐があったというもんですよ。
 各連がいい意味で競い合って夢を実現してもらいたかったんです。
 去年、落としっ子連・天祖亭が南大塚ホールで合同の落語会を企画、開催した
のもその一つでした。
 そして今年、洒落っ子連・千川亭が「師匠の喜寿の会をやらせて」と言ってきたとき、
瞬間、迷ったんです。
 セレモニー、パーティー、などと人前に己の身体をさらすことの嫌いなあたしは、
結婚式、新婚旅行、誕生パーティはしませんし、何十何年前に真打ちの披露目以外、
がたった一つの恥ずかしい思い出だったんです。
 ましてや、噺のかいでもないし…。
 でも、「彼らの夢だとしたら…」と考え直して、託しました。

 23日、無事終えて、翌日、 「メンバーであることを誇りに思いました」というメールを
目にして、涙ぐみました。
 そして、各連に誇りをもって指導していきたいと誓った次第です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます、元有難亭の耕作です。
喜寿を迎えられおめでとうございます。
米寿、白寿と益々ご活躍ください。
耕作
2017/07/30 02:05
相変わらす、、、かな?
圓窓
2017/07/30 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の出来事 2017・7・24(日)圓窓喜寿の会あと 晴れ 70キロ 圓窓の年月日輪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる