圓窓の年月日輪

アクセスカウンタ

zoom RSS 高座 2017・5・8(月)紀伊國屋寄席 晴れ 72,2キロ

<<   作成日時 : 2017/05/09 01:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 紀伊國屋寄席。圓窓[蕎麦清]。

 ガラガラの地下鉄の副都心線に乗って、紀伊國屋へ。
 〔恋のバカンス〕なんぞを口ずさんでいると、要町駅から乗り込んだ
妙齢のご婦人に声をかけられた。
 「あら、師匠」。洒落っ子連・千川亭小三九(こみっく)だ。
 「紀伊國屋へ行くところです」、「じゃ一緒に行こう。乗せてやるよ」たって、
地下鉄はあたしの所有物ではない、それにもう彼女は乗ってる。
 「喜子母(きしも)さんも乗り込むはず」、しかし、見当たらない。

 今日の客席にはいろんな連の稽古人がいるようだ。
 楽子(らっこ)音舞(おんぶ)の夫妻。
 小生、高座を下りて夫妻に言われた船橋屋へ。
 三人で楽子・圓窓による噺吟付け句の折り返し号掲載の祝い。カンパーイ。

 九時半頃、紀伊國屋がはねたんだろう、空女(くうにょ)、三味(しゃみ)の
二人が駆け付ける。
 とくに三味(しゃみ)は染色に失敗したのか、総髪真っ赤で、官軍が
迷子になったような頭で表れる。

 店の人から「ラストオーダーが過ぎましたので」と言われ、合体した
グループは急いで隣の喫茶店で会茶。

 楽子の昔話。「親の死後、叔父から聞かされたんですが、あたし(楽子)の
父親はこの近くのもう一軒の喫茶店で母に声を掛けて結婚したんですって」と。
 となると、一世紀前のことかしら、、、、、? 一同、関心を示しながら聞く。
 
 さて、帰路に付こう、と駅へ。
 三味(しゃみ)は埼京線へ。あとの四人はとりあえず丸の内線のホームへ。

 楽子(らっこ)は上り線、空女(くうにょ)は下り線、小生、ホームを歩いて
副都心線へ移動することとなった。
 まもなく上り線、下り線とも車両入線。
 ホームの真ん中に立った小生、右を見たり左を見たりで手を振り、
別れを惜しむ。

   ホームにて両手に花と泣き別れ 上り下りへ男さて置く
     

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
落ちをつけられませんでした。
----------------
A「今日は、久々にご機嫌に飲んだね」
B「あー、いい酒だったよ。〆に軽く蕎麦でもたぐっていかないか?」
A「いいね。飲みすぎて胃がもたれてきたから、あっさりした蕎麦はいいね」
(蕎麦屋に入る)
A「ごめんよー。もり蕎麦2枚」
店員「あいすみません。うちはもり蕎麦はやってないので」
B「珍しい蕎麦屋だね。あっさりしたものが食べたいんだ。じゃかけ蕎麦にしておくれ」
店員「すみません。かけ蕎麦もやってないんで」
A「おいおい、そんなバカな話があるのかよ。」
B「あっちのテーブルで、かけ蕎麦食べているお客さんいるよ」
店員「あそこは特別なテーブルなんで」
A「なんだい、その特別なテーブルってのは」
店員「そん卓っていうんです。店主のお友達だけが座れるテーブルで」
A「ひどい話だね。じゃあ、メニュー見せておくれよ」
店員「メニューはありません」
A「無いって、おまえ、手に持ってるのはなんだよ」
店員「怪文書です」
A「ふざけんじゃないよ」
(無理やりメニューを奪う)
A「もりもかけも書いてあるじゃないか!」
店員「メニューが存在した事実は一切ないと報告を受けている。全く問題ない」
A「よくそんなんで店やってられるな!」
店員「その批判は全くあたらない」
B「もう、ここの店はやめよう。こんなヒドイ話は新聞にでも投書だね」
A「あーまったくだ」
(店主出て来る)
店主「今、お客さん達、何か話してましたね」
A「この店が余りにもひどいって話だよ!」
店主「共謀しましたね。二人共奥に来てもらいましょう。みんなこの人達を連れていきな」
A「おいーー。やめろーー、離せーーーー」

(終わり)
小噺作りました。
2017/06/17 19:41
久々のあきらでした。
師匠お元気ですか?
名乗るの忘れました。
2017/06/17 19:42
あきらさんへ。

 上手いんで驚いたよ
圓窓
2017/07/30 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
高座 2017・5・8(月)紀伊國屋寄席 晴れ 72,2キロ 圓窓の年月日輪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる