圓窓の年月日輪

アクセスカウンタ

zoom RSS 落語の授業 2016・8・6(土)江戸探検倶楽部、晴れ、72キロ

<<   作成日時 : 2016/08/07 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 28年度の、

 大江戸探検倶楽部落語講座、夢の島ブンブスポーツ文化館。
 地下鉄大江戸線関連の催しではない。
 れっきとした、東京都の教育観から出た発想での企画。
 この「大江戸探検倶楽部」は年に一度、夏休みの昼間、児童に江戸を
体験させて、夜にはこのブンブで一泊するまでの時間帯を利用して、
落語の授業を展開してきた。もう、6年は経ったかなぁ。
 今では、この落語の授業を目当てに参加を希望する児童もいるとか、、、
嬉しい限りである。

 それにしても、今日はびっくりした。

 あたしと萬窓とで授業。
 萬窓のライブ[牛褒め]のあと、それを教材として、児童に牛の褒め方を
伝授。ホワイトボードに「天角地眼一黒鹿頭耳小歯違い」と書いて意味を
解説して、みんなで二度大声で揃って読ませた。
 「さ、覚えた人?」と問うと最前列の子がすーっと手を上げた。「じゃ、ボ
ードを見ずにみんなに向って言ってみて」と言うと、一度もとちらずスラス
ラーと言うではないか。

 一同びっくり。あたしも萬窓も驚きの声。
 この講座担当の千原先生に「じゃ、大人を代表して言ってみてください」
と言うと、「とんでもない」と、その児童に脱帽。

 「子供は物覚えがいい」と言うものの、こうまでいとも簡単に完璧にクチに
出来るとなると、これまでに[牛褒め]の稽古をして口演体験もあるんじゃな
いかと、疑いたくなる。
 が、そんなことはないそうだ。その児童は人一倍大声で萬窓の[牛褒め]
を笑っていたのは確かである。

 いつかその児童に覚える秘訣を聞かせてもらおうか。
 そして、「これからは本を読むとき感情を込めて大きな声で読むことを
勉強をしてごらん。もっと楽しいよ。面白いよ」と伝えてみよう。
 もうやっているかもしれないが、、、、。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落語の授業 2016・8・6(土)江戸探検倶楽部、晴れ、72キロ 圓窓の年月日輪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる